エステとの違い|美容皮膚科、美容内科、医療レーザー脱毛アンチエイジングは鎌倉のどうたいクリニック!

エステとの違い

HOME > エステとの違い

あなたの“美” を追求するために――。 美容皮膚科とエステ、あなたにベストなのは...?

近年、肌荒れなどの肌トラブルを治して美しくなるために、美容皮膚科を利用される方が増えています。けれど、美しくなるためにはエステサロンヘ行くという選択肢もありますよね。「美容皮膚科」と「エステサロン」、一体どちらを選べばよいのでしょう?
ここでは、そんなお悩みをお持ちの方のために、美容皮膚科とエステの違いや選ぶ際のポイントを簡単にご紹介いたします。ぜひ参考になさってください。

美容皮膚科とは?

美容皮膚科とは、美容・美肌専門のドクターがいる“医療機関”です。

美容皮膚科とエステサロンで決定的に違うのは、美容皮膚科は“医療機関”であり、エステサロンは“非医療機関”であるという点です。どちらも美容を目的の中心に据えており、施術内容も似ていますが、主に治療・改善を目的としているのが美容皮膚科、維持・リラクゼーションを目的としているのがエステサロン、とお考えいただくとわかりやすいでしょう。

どうたいクリニックでは、美容治療の「確かな技術」とリラックスできる「寛ぎの空間」をご提供いたします。

当院では、落ち着いた雰囲気のロビー・ゆったりとした施術スペースを設け、お客様にリラックスしてお過ごしいただけるよう工夫しております。美容皮膚科による確かな技術と、エステサロンのようにリラックスできる空間を融合させたクリニックを目標としておりますので、ぜひお気軽にお越しください。

どうたいクリニックが選ばれる理由はこちら

美容皮膚科とエステの違い

経験豊富なドクターの指示による安心の施術。使用する機器や薬剤の効力も異なります。

美容皮膚科では、エステで使用されるものよりも効力の高い機器や薬剤が使用されます(人体に影響を与える効力を持つ機器や薬剤は、エステサロンでは使用できません)。また、すべての施術はドクターの指示のもとで行われます。皮膚科学に基づいた美容・美肌の専門知識はもちろん、医学的な知識や経験も兼ね備えたドクターがそばにいるので、万が一お肌にトラブルが生じた場合でも、すぐに処置を受けられ安心です。

下記はそれぞれが施術時に使用する機器・薬剤の一例です。

CASE1[脱毛]

美容皮膚科 医療レーザー・医療電気による脱毛
エステサロン 電気・フラッシュライトによる脱毛(レーザーほどの効力はない)
レーザー脱毛 

CASE2[ピーリング]

美容皮膚科 ケミカルピーリング(濃度50%までの薬剤を使用可能)
エステサロン ピーリング(濃度5%までの薬剤なら使用可能)
ピーリング

選ぶ際のポイント

美容治療を行うなら美容皮膚科を、美しさを維持するならエステをお勧めします。

美容皮膚科での施術はエステよりも強力ではありますが、エステサロンを選ばない方がよいということではありません。大切なのは“ご自身にとってベストな方法はどれか”ということです。お肌のトラブルでお悩みの方には治療もできてキレイになれる美容皮膚科が、リラックスしながら美しさを維持したい方にはエステが合っているでしょう。選ぶのに迷ったときには、一度カウンセリングを受けてみるのもお勧めです。当院でもカウンセリングを受付けておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。