ビスタシェイプ|美容皮膚科、美容内科、医療レーザー脱毛アンチエイジングは鎌倉のどうたいクリニック!

ビスタシェイプ

HOME > ビスタシェイプ

しわ・たるみ治療やリフトアップ治療 30~60代に効果的顔全体を若々しい印象へと改善いたします

老化のメカニズムとは

深いしわや溝、たるみなど、顔にあらわれる老化現象は、皮膚だけではなく骨格や、筋肉、皮下組織を含む顔全体の組織の構造が、加齢で立体的に変化することによって起こります。
例えば、鼻唇溝(ほうれい線)の原因は、骨格の損失、口の周りの筋肉の拘縮(こうしゅく)、頬と口の周りの皮下脂肪の減少や下垂、皮膚の下垂によって、これら組織の位置が移動することであるとわかっています。

img

ビスタシェイプが効果的な方

img VSTR-Shapeでは、中顔面(目の下から口付近まで)を中心に、少量ずつのヒアルロン酸注入材を注入し、周囲の構造を立体的に改善することによって、鼻唇溝やマリオネットラインを含む顔面全体の改善が期待できます。
さらに、ボツリヌス治療薬を併用し、眉間の表情じわを目立たなくすることによって、顔全体の印象が効果的に改善され、自然な仕上がりが得られます。

VSTR-Shapeによる治療が効果的とされる人は、例えば下記の3点になります。
■30〜60代くらいの人
■鼻唇溝(ほうれい線)を気にしている人
■顎周辺のたるみがある人
などが挙げられます。実際には、医師が顔全体のアセスメントを行ったうえで、治療による効果が期待できると判断した場合に行います。まず、クリニックなどの医療機関へ行って、医師に相談することが必要です。

どんなヒアルロン酸注入剤・ボトックス製剤?

ヒアルロン酸注入とボツリヌス注射を組み合わせた新治療法!

ビスタシェイプは「ヒアルロン酸注入」と「ボツリヌス注射」の組み合わせで、たるみやしわなどの悩みを立体的に改善する治療法です。顔全体の構造と老化メカニズムに注目し、最小限の注入量で最大の効果が期待できます。

  • img

    厚生労働省承認薬ジュビダームビスタシリーズ

    持ち上げてしわを改善ヒアルロン酸注入詳しくはこちら
  • X
  • img

    厚生労働省承認薬ボトックスビスタ

    表情ジワを改善する<br>ボツリヌス注射!!

VSTR-Shapeは、顔全体のポイントとなる箇所に少量のヒアルロン酸注入材を注入し、さらにボツリヌス治療を組み合わせることによって、大きな治療効果が得られることをコンセプトとした、顔全体の印象を改善する治療法です。

具体的には、ヒアルロン酸注入材を、中顔面エリアを中心に注入します。
実際に、どのエリアにどれだけの量を注入するかは、施術を受ける人の下垂などの状態や骨格によって異なり、医師が全体的なアセスメントを行ったうえで判断します。

img

治療後の注意点

■腫れ・赤み
約2〜3日間程度、口唇は1週間程度
(注入直後は注射の箇所に目立つ赤み・腫れが数ヶ所出ますが、時間とともに改善します)
※内出血や感染症が起こった場合は腫れ・赤みが長引くこともあります。
■内出血
注射針があたり細かい血管が傷つくと、皮膚の下で出血し紫色になりますが、1〜2週間で消失します。
■メイク
注入直後は、ファンデーションは使用できます。
■清潔
血行が良くなると腫れや内出血につながりやすくなりますので、当日は血行が良くなる入浴や飲酒は控えましょう。