リジュラン|美容皮膚科、美容内科、眼瞼下垂治療は鎌倉のどうたいクリニック

リジュラン

HOME > リジュラン

肌が若返る、肌年齢を10歳若く

リジュランとは

リジュランとは
リジュランとは

リジュランの有効成分であるポリヌクレオチドがダメージを受けた皮膚の生物学的状態を改善することで、真に美しい肌をつくる「新たなコンセプトの注入剤」です。

ポリヌクレオチド(PN)とは

サケのDNAより抽出された分子で、同じサイズにカットし、特殊技術(特許取得済)で処理することで皮膚に最も適合性を持つことが知られています。PNは耐熱性があり生体適合性が高いため、副作用を起こしません。※魚・魚卵等のアレルギー体質の方は使用を控えてください。

皮膚の自己再生力を活性化し、皮膚の状態を内部から正常化します。

表皮と真皮の状態を回復させることで皮膚のハリを改善し、さまざまな環境因子によってダメージを受けた皮膚を回復に導きます。

リジュランの働き

皮膚の自己回復力の活性化→真皮と表皮の厚み、全体的な皮膚のハリを改善→若く健康的な皮膚の保持

加齢変化やダメージを受けた皮膚は回復力が弱っているため、シワができやすくハリを失っています。これまでの対処法としては精製されたフィラー剤で皮膚をある程度ボリュームアップさせたり、レーザーに代表される機器を用い、人工的な刺激を皮膚に与えることにより細胞を再生させたりしてきました。これとは異なり、リジュランは精製物質の充填や人工的な刺激を与えることなく皮膚の自己回復力を活性化させ、表皮と真皮の厚みや全体的な皮膚のハリを改善します。

水光プラスも合わせて施術することで、より効果を高めることができます。

水光プラスはこちらから

繊維芽細胞活性化による皮膚再生

リジュランは繊維芽細胞を活性化させることによって細胞の成長を促進し、皮膚を再生させます。繊維芽細胞はコラーゲンやその他の細胞外基質など、さまざまな真皮内要素の分泌を誘発します。リジュラン使用群で繊維芽細胞の増殖がより多く、コラーゲン繊維がより高密度であることが示されました。

繊維芽細胞活性化による皮膚再生

皮膚の正常化

リジュランは皮膚の構成要素を正常化させることによって皮膚を埋め、お肌の健康を回復させることで真皮だけでなく表皮の厚みを作り出します。
表皮が正常の厚みを取り戻すと皮膚のバリアが強化され、体に備わった自然な保護能力が向上します。

皮膚の正常化 グラフ

皮膚のハリ回復

リジュランは、老化や皮膚刺激によって弾力繊維が減少し、たるんでハリが失われた皮膚の内部を埋めることによってハリを回復させます。

皮膚のハリ回復 グラフ

施術適応部位

施術適応部位 画像

リジュランの流れ

step1 初回注入後:3~5日後
  • ・肌の質感の向上
  • ・皮膚の脂分と水分のバランスの回復による皮脂分泌の減少
次へ
step2 2回注入後:2~4週間後
  • ・コラーゲンの自己再生により皮膚のハリが改善
  • ・目の周りや顔全体の小ジワの改善
  • ・毛穴や角質の改善
次へ
step3 3回目注入後:4~6週間後
  • ・皮膚のハリの改善による自然なリフトアップ効果
  • ・皮膚の真皮層からボリュームアップ
次へ
step4 4回目注入後:6~8週間後

10種類の作用で10歳若い肌年齢

※効果には個人差があります

リジュランの症例紹介

  • 皮膚全体の若返り
  • 脂肪注入後の凹凸の改善

よくある質問

どのぐらいの頻度で施術を受ける必要がありますか?
リジュランは従来のフィラー剤やスキンケア機器とは異なります。
2~3週間おきに4回の施術を行うことで、皮膚の自己回復力を活性化し、皮膚を正常な状態に回復させます。
施術後はすぐに通常の生活に戻れますか?
当日は施術部位が腫れることがありますが、24時間以内に完全に腫れはおさまり、通常の生活に戻ることができます。
どの部位への施術が効果的ですか?
顔全体にリジュランの施術を行うことがより望ましいでしょう。
リジュランは、これまでは施術が困難だった目の周りや目の下だけでなく、首のシワや手の甲に対しても優れた効果を発揮します。薄く、ダメージを受けた皮膚を大きく改善します。
副作用は考えられますか?
過形成を引き起こすことなくDNA断片によって皮膚を正常化するため、副作用はありません。
リジュランの料金はこちら