メソセラピー(脂肪溶解注射)|美容皮膚科、メソセラピー(脂肪溶解注射)は鎌倉のどうたいクリニック

メソセラピー(脂肪溶解注射)

HOME > メソセラピー(脂肪溶解注射)

一つ前のページへ戻る

新型脂肪溶解注射メソセラピー  こんなお悩みに効きます。 お腹をスッキリ 二の腕が気になる 下半身だけ 痩せたいセルライト このような方にオススメです! ・無理なく効果的に痩せたい ・全体的に皮下脂肪が気になる くしたい ・セルライトが気になる  ・顔のお肉が気になる ・脂肪を落としたいけど脂肪吸引は怖い・ダイエットが成功しない ・お腹をスッキリさせたい ・下半身だけ痩せない ・二の腕をどうにかしたい

メソセラピー(脂肪溶解注射)とは?

メソセラピー(脂肪溶解注射)は、注射器を用いて治療部位に
“脂肪を溶解する作用のあるカクテル“を注入する治療法です。
「フォスファチジルコリン」を主体とする薬剤を注入することで脂肪組織を細胞レベルで分解し、
リバウンドしにくい体質へと導きます。
分解された脂肪組織は体外へ排出されるため、身体に悪影響を及ぼしません。

▲ページの先頭へ

メソセラピー(脂肪溶解注射)の症例紹介

 おへその周りにメソセラピー(脂肪溶解注射) を打ちました。 個人差がございますが3ヶ月くらいで減ったと 感じられると思います。今回は2本使いました。1度の施術結果です。 手術まではしたくないという方にオススメです。 部分痩せが可能です。 やわらかい脂肪にとても効果が出やすいです。

▲ページの先頭へ

メソセラピー(脂肪溶解注射)の原理

レシチン(フォスファチジルコリン)は、脂肪細胞内でコレステロールの溶解量を増やし、
コレステロールとトリグリセリド(中性脂肪)の代謝作用を調節します。
この作用によってトリグリセリドは遊離脂肪酸として血管の中に移動し、
腸管を経て体外に排出されます。
脂肪を溶解するため確実にサイズダウンすることができ、
食事制限によるダイエットに比べ、リバウンドしにくいというメリットがあります。

【治療回数と期間について】

注射1本が手のひらサイズの範囲で、同じ部位に1〜2週間間隔で3〜5回の施術が必要になります。
効果が現れるまで最初の注射から約1〜2ヶ月かかります。ゆっくりと時間をかけて脂肪が溶解するため、脂肪吸引の手術と比べ、身体にかかる負担は最小限です。皮膚がたるむこともありません。
また、脂肪吸引の術後に行うハードな圧迫固定も不要です。

【注意点】

下記に該当する方は治療を受けることができませんので、ご注意ください。

  • 妊娠中、授乳中の方
  • 基礎疾患(糖尿病、腎臓疾患、肝臓病、心臓疾患)がある方
  • 大豆アレルギーをお持ちの方(脂肪溶解注射は大豆の成分を使用しているため)
  • 血圧が高い方や高脂血症と診断されている方
  • 貧血の方

治療後の注意点

  • 施術当日は過度な運動を避けてください。
    また、代謝がよくなると患部に赤みや痛みが出てくる可能性があるので、サウナやプールなどは施術後1週間ほど控えてください(入浴時のシャワーも軽めにお願いします)。
  • 施術当日は飲酒を控えてください。
  • 治療後は適度な運動を行うようにしましょう。
    特に、ウォーキングなどの有酸素運動が効果的ですので、日々の生活に運動を取り入れてください。
  • 術後の脂肪溶解効果を高めるために、水分を摂るようにしてください。
    適度な水分補給により代謝を上げることは、溶解した脂肪などの老廃物を早く排出させることにつながります。
  • 脂肪溶解注射の効果は、脂肪のつき方や部位によって異なります。
    数回注射することでさらなる効果が見込めますが、その際は必ず担当医師と相談しながら経過を観察してください。

メソセラピー(脂肪溶解注射) 料金表はこちら

一つ前のページへ戻る